#yolo

イケるっしょ!

祭りの始まり

 

吉野さん、Kiramune加入5周年おめでとうございます!!!!!

 

 

 

2013年が5年前ってことにまずゾッとしました。

ほんと一瞬で時間過ぎ去るからやりたいことはやっといた方が良いですね。

自分はノロノロ生きてるから無駄に過ごしてしまった感が拭えないです。

 

先月に自分が何やってたかすら覚えてない人間なので当時のこともそんなにしっかりとは覚えてません。

 

 

こんなときに便利なのがTwitter

 

 

オタクを始めたあたりからTwitterだけは飽きずに続けているので大概のことは書かれてます。文体とか当時のオタク特有構文ですごい。

そして3/24はというと…

 

f:id:yxsayon:20180425022950j:plain

 

f:id:yxsayon:20180425023001j:plain

 

これだけ!さっぱりしてる!

公式のコメントだけしか情報が無かったのということもあります。

 

当時は本人が望んで加入したことが意外過ぎてびっくりしました。
イベントで全然喋んない人って印象が強かったので、顧客に対して個人としての自分を出すことが好きじゃないのかなって勝手に思ってた節です。

 

というか作品や立ち位置にこだわりがあるんだろうな、面倒くさい人だこれ…という直感があった。(一部間違ってなかった)

本人がそう望むなら、そういう応援をしてほしいなら作品だけ見て応援しようと早々に思ったこともあります。

 

 

人気作品への出演が続いてるおかげで何かすると話題になり情報は入ってくるし、可愛い人って認識は昔からあって演技は好きだから出演作品や番組もそれなりに視聴してました。数年前までは男性声優全体追いかけても痛手じゃないくらいのコンテンツだったよね。イベント数もアニメの数も桁違いです。

 

 

大して存じ上げないながらも、あんな頑固な人が歌を歌うってことは、何か表現したいことがあって始めたんだろうなというのを感じ取れました。

 

色々考えつつも私は次の日にケロッと若手俳優Ustream放送に湧いて、その次の日にはFree!の制作発表に高まってたりと対して変わらぬオタクでした。

 

 

そこから吉野さんは初ソロライブまで自分のやりたいことがワカンネェ、音楽ってなんだ??と真剣に悩み続けることになるのですが(ラジオ聞いてる感じそんなだった)、丸5年と言うには前半の関わり方が今と全然違ったと思います。

この時Kiramune自体も固まってなくてふわふわしていて来年あるかもわかんないと思ってました、私は。

もともとは毎年やろう、何年やろうって決めてた訳ではなくてメンバー皆様の努力と本業のご活躍によって得た結果の5周年だったんですよね。レーベルで集まる機会もほぼ無かったし。

 

 

なので記念日自体に特別な意味合いはないです。

でもお祭りの理由にするには勝手が良い区切りだなぁと思っているので、

今年のライブで色々な世界を一緒に見られたら!というのが一ファンからの祝福のメッセージです!

 

夏楽しみだねー!!!!!